タイヤの劣化を見極める|安全快適に雪道を走れるスタッドレスタイヤ|格安で利用する方法

安全快適に雪道を走れるスタッドレスタイヤ|格安で利用する方法

女性

タイヤの劣化を見極める

ミニカー

スタッドレスタイヤは、チェーンなどを巻かずに、雪道や凍結した道を走行できるタイヤとして人気です。しかし、使い続けているとこのスタッドレスタイヤは劣化により機能性が落ちてしまうことがあるため、定期的に買い替えをしなければなりません。スタッドレスタイヤはタイヤのゴムの柔らかさや、溝の構造によって、雪道でのスリップや滑走を防ぐことができます。しかし、劣化したスタッドレスタイヤはこうした重要な機能性を損なってしまうため、スリップや滑走による事故を引き起こすリスクが高いので、注意が必要となります。スタッドレスタイヤは基本的に冬用のタイヤであるため、夏に使用するとすぐに劣化してしまうものです。そのため、冬の日にのみ使用しているという人は大勢いるでしょうが、しっかりと保管していたとしても、保管場所である倉庫内の温度によって徐々に劣化してしまう場合もあるため、使う頻度が少ないという人も注意しなければなりません。スタッドレスタイヤを使用する場合には、劣化していないかきちんと確認してから使用するとよいでしょう。

保有しているスタッドレスタイヤの寿命を調べるためには、使用年数とタイヤの溝の状態を調べるとよいでしょう。どのようなタイヤも5年を過ぎた際にはゴムの状態が硬化するといわれています。スタッドレスタイヤは硬化すると雪道での制動距離が長くなるため、問題となるでしょう。溝の状態が問題なくとも、購入してから5年が過ぎたスタッドレスタイヤは買い替えをする必要があります。スタッドレスタイヤの状態を調べる場合、溝の状態も注意しなければなりません。溝の部分に百円玉を押し込み、百円玉の1の数字が見えるまで溝が浅くなっていれば、買い替え時期であるといわれています。車のタイヤは自動車を安全に運転する上で重要な要素となります。買い替えが必要となったスタッドレスタイヤは、費用を惜しまずしっかりと買い替えるようにしましょう。